top of page
検索
  • info814005

ノイズキャンセリングの仕組み



今回は、よく耳にするノイズキャンセリング機能について説明します。

最近のイヤフォンやヘッドホンの機能として搭載しているものがあります。

この機能は、外部の音をかき消すことができ音楽だけ流れるような仕組みです。


では、なぜ外部の音をかき消すことが出来るのでしょうか。

その仕組みは2つから構成されています。



1つ目は、イヤーピースの形状です。


耳穴の形状と形が合わない・なんかフィットしている感じがしない場合のイヤーピースだと

音漏れや外部の音が直接耳に入ってきます.


その為イヤーピースの機能としては耳との密着が大切になります。

おおよそノイズキャンセリングが搭載されているイヤフォンだと

耳穴にはめることの出来るカナル型が一般的であり

ヘッドホンだと耳を多い被せることの出来るオーバーイヤーがオーソドックスです。

このようにイヤーピースの形状を利用し装着で外部音を制御する方法をパッシブノイズキャンセリング

と言われています。




2つ目は、機能です。

そもそも外部音や音楽などすべての音は音波が存在します。

いわゆるヘルツと呼ばれる単位です。

音の仕組みは空気を振動させることで発生し、私たちの耳に聞こえてきます。

しかし、普通のイヤフォンを付けている状態でも外部音は聞こえますよね。


その外部音をイヤフォンを介してかき消すことがノイズキャンセリング機能なんです。

では、どうやってかき消しているのかという点ですが

音波というものは、周波があると伝えました。


その逆周波を流すことで音波が互いに消し合うことで成立します。

20Hzの音波であれば-20Hzの音波を出せば互いに打ち消し合うようプラスにはマイナスで重ね合わせます。

音がかき消されるというたとえの方がわかりやすいかもしれませんね。

この機能を利用したものがアクティブノイズキャンセリングと呼ばれています。



外部音モードと呼ばれる機能は、イヤフォンについているマイクから外部の音を取り入れ音を増幅させることで聞き取りやすくしてます。


その為、ノイズキャンセリング機能を持ったイヤフォンやヘッドホンは、このような機能を搭載している為比較的に高価なモノが多い理由でもあります。

このような仕組みをノイズキャンセリングといいます

閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

今日は、プログラミング言語Pythonのお話 一口にプログラミングと言っても、幾つもの種類があります。 ですが、種類については別の機会に書くことにします パソコンを利用しているユーザーのパスを取得する際に出力されたエラー output = ('C:\Users\' + str(getuser) + '\NetBank\') IDEを使用してソフト開発していると出くわしました。 ※IDEとは総合開発

bottom of page