top of page
検索
  • info814005

Air Tagの危険性




最近ではair tagのような忘れ物防止アイテムが多く存在しています。


そもそもair tagの機能として

GPS機能を持っていると認識している方が多いですが

実はair tagにはGPS機能はありません。


では、どうやって物の場所が分かるのか。



それは、追跡機能に秘密があります。

例えば、air tagのついたカバンをどこかで忘れてきたとしましょう。


その際に、iPhone側で紛失したという報告をします。

すると、様々なスマホからair tagへアクセスするようになります。

なので、カバン所有者だけのスマホで探知するのではなく


カバン付近の人のスマホから探知し、位置情報を教えてくれるということです。

カバン保有者しかその位置情報はわからず、カバン付近にいる全く赤の他人の人から何か情報が盗まれている

わけではありません。簡単に言うと、知らぬ間にお手伝いしたという程度に考えてもらうとわかりやすいです。


さて、air tagの性能は以上になりますが

この機能を使って悪さをしようとする人もいるわけです。



例えば、窃盗犯が盗もうと考えている車につけると2つのことが分かります。

1つ目は住所または車庫

言わずもがなですね。

基本的に止める箇所が多い。または、深夜帯においている場所などは住所だと想定されます。



2つ目は生活のルーティンです。

何時から何時までは仕事なのか。家にいる時間や休みはいつなのかなどといったことも車の動きを見ればわかります。


このことから位置情報から得られる情報は意外と多いと思います。

実際にairtagをつかった殺人も起きており様々な悪用方法が存在します。


しかし、apple側も悪用自体は想定はしており

iPhoneのセキュリティでは連携していないair tagを検知した場合に

「貴方が所持中のAirTagが見つかりました」と表示されます。



場合によっては、そのような使い方もされるので気を付けないといけないですね




閲覧数:18回

最新記事

すべて表示

今日は、プログラミング言語Pythonのお話 一口にプログラミングと言っても、幾つもの種類があります。 ですが、種類については別の機会に書くことにします パソコンを利用しているユーザーのパスを取得する際に出力されたエラー output = ('C:\Users\' + str(getuser) + '\NetBank\') IDEを使用してソフト開発していると出くわしました。 ※IDEとは総合開発

Windows8.1を使用されている方へに向けてのお知らせです。 2023年1月10日にサポートが終了します。 しかし、サポート終了だけと聞くと使えなくなってしまうのかという声はよく耳にします。 今まで通りパソコン自体は使用することが出来ますが、 ソフトウェアのアップデートなどが行われなくなってしまいます。 全世界で1日あたり100万個という莫大な数のマルウェアが生み出されています。 同じウイルス

bottom of page