top of page
検索
  • info814005

Python(パイソン)のエラーのお話

今日は、プログラミング言語Pythonのお話


一口にプログラミングと言っても、幾つもの種類があります。

ですが、種類については別の機会に書くことにします


パソコンを利用しているユーザーのパスを取得する際に出力されたエラー

output = ('C:\Users\' + str(getuser) + '\NetBank\')

IDEを使用してソフト開発していると出くわしました。

※IDEとは総合開発環境のことです。

 補完機能も含め、エラー等検出してくれる、またエラーの大体の

 行数、デバッグ機能等が沢山あり開発を行う際には欠かせないツール

 eclipse 等の開発ツールはシステム環境などパスを通すのが

 非常に面倒くさい限りではありますが、今回使用しているIDEは

 ワンクリックで自動インストールしてくれて重宝しています。


ソフト開発をしながら出くわしたエラー・・・

IDEでは

('C:\Users\' + str(getuser) + '\NetBank\')

↑の「(」に問題があるよ!!!


エラー

"(" was not closed


と出力され指摘されます。

きちんと両サイド()で囲んで!!と注意されていますが、

私としては既に()で囲んでいますけど!!何か!!?ってパソコン

相手にキレたくなります。


str() ⇒ 変数内の値を文字に変換します。


中々な時間悩んで、思い出した

('C:\\Users\\' + str(getuser) + '\\NetBank\\')


各々\\にしていないからだ・・・

Linuxでもそうですが、[\]自体パソコンが

\Users\


であれば[\]が違う文字列として認識されてしまい、本来の目的から

違った処理内容となってしまいます。

その為、エスケープという意味合いで[\]これは、/(スラッシュ)の意味合いですよ!と主張します。

また、Linuxなどの場合先頭に\をつけないとプログラム的な意味合いで、違う意味と捉えられてしまうため、注意が必要です。


Written by S.N

閲覧数:33回

最新記事

すべて表示

令和5年4月24日金融庁よりインターネットバンキングの不正送金被害が急増しているとして注意喚起が出ております。 メールやショートメッセージサービス(SMS)、メッセージツール等を用いたフィッシングと推察される手口により、インターネットバンキング利用者のID・パスワード等を盗み、預金を不正に送金する事案が多発しています。令和4年8月下旬から9月にかけて被害が急増して以来、一旦被害件数は減少傾向となり

2023/3/3より開発元であるOpenAIがLineにも公開したことで広く知れ渡った「ChatGPT」 Lineでは、5通までは無料でそれ以降だと月額980円発生する模様。 アメリカ等では、試験に用いる事を禁止されているくらい、マズイもののようですね。 というか、そもそもカンニングになってしまいますが・・・ 個人的にも登録し、Pythonを用い行いたいこと、条件、定義などを決めて 質問した所、理

一口にプログラムと言っても、沢山の種類があります。と前回お話しましたが、 今日はその沢山あるプログラムのお話をします。 各々書く際のルールもあるため、きちんと勉強してからでなければ 自分の思った作業が出来ません。 各々プログラミング言語によりけり得意分野が違うため、自分がやりたいことを 明確にしてどのような流れになるかを考えてから作業に入りましょう。 また、最近はイギリス発祥の教育向け言語Scra

bottom of page