top of page
検索
  • info814005

AIの存在

AIが増えれば仕事が減ると聞いたことはありませんか?

確かに、正確さが必要なものであればAIを用いた方が私はいいと思います。

しかしながら全部をAIに任せてしまってもいいのかという事を含め題材をセキュリティからAIの存在に変え説明していきたいと思います。



まず、毎週毎週ブログを更新している私ですが

実は音楽の編集を趣味で行っております。

具体的にはYoutubeなどで「歌ってみた」などの動画のように歌声を曲に合わせ編集する、

などいわゆるMixingという事を主に行っております。


では、音楽編集とAI何が繋がるのかと思いますよね。意外と知られていないんですが、

実は、AIを使ったソフトで自動で編集してくれる画期的なプラグインや、作詞作曲など行ってくれるソフトが存在するんです。

作詞作曲、そして歌声の編集などを含めると1日では終わることはまず無理なのですが

AIを用いると、30分もあれば粗方終わってしまいます。そのくらい便利な機能なのですが

やはりエンジニア殺しという一面も持っているため一部のユーザーからはよく思われていないものも事実なんです。


これらは音楽だけではなく絵画でも同様なことが言えます。

最近では「mimic」と呼ばれるAIイラスト生成のサイトβ版が告知され、イラストレーターの作品をAIによって学習し作り出すことが出来る

というサービスだったのですが、クリエイター以外の者が勝手に悪用し読み込まされてしまう可能性があり著作権侵害・トレス行為であるため

多くのクリエイターの方たちがサービス修正を行うように呼び掛けていたのを目にしました。



また国外では、9月初にアメリカで行われた美術品評会でジェネル・ジュロマンさんの絵が優勝したのですが、実は画像生成AIが作り出した作品だったため物議を醸したという事も起きています。

この方は、すべてをAIにゆだねたわけではなく3枚の画像を選びフォトショップで編集したものを作品として提出したとのことですが、それらがほかの方との違いから今回のことに発展したようです。

AIが生成したものが評価が高いとすればクリエイターの仕事がなくなってしまうとも考えられますよね。

これらに関してのAIの発達は本当に難しい問題なのではないかと思います。


AIの強みは、圧倒的な速さであり、収集したデータをもとに作成されることが大半なのでデータが多ければ多いほど良いものが作成されるというところがあると思います。


しかしながら、やはりデータというものが土台にあるためどうしても人間味のある物を作ることに関しては人間自身の方が優れておりその人が作成する世界を抽出に表現できるということがどうしてもAIが幾ら作業が速かろうと敵わない一面でもあると私は思います。


アーティストやデザイナーなど、AIに全部頼って作成しましたと言った場合、それらはその人らの作品であるのかという問題がありますよね。

AIが作った作品はそのような方たちの本当の意味で作品なのかという面を含めて考えるのであれば、著作権も含めて考えないといけませんし、

少なからずAIによって作成したものを納品されたとしても腑に落ちない点は出てくるのかなと思います。

本当に難しい問題だと感じます。


それらをうまく活用するとすればAIに全部頼るのではなく大まかなものをAIの力で削り、

繊細さを必要とするものを人間が施すことで共存できていくのではないかなと思います!

閲覧数:25回

最新記事

すべて表示

中部営業所移転のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、このたび、中部営業所を移転させて頂くことになりました。 これを機に社員一同、気持ちを新たに、より一層社業に専心する所存でございます。 今後とも倍旧のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。 【移転先住所】 新住所〒904-1111 うるま市石川東恩納947-5 池原店舗1階 ※電話番号に変更はございません 【業務開始日】 2023年12月8

お知らせ

株式会社ハンジャ・ネットワークスでは、 9月1日に有限会社サバニデザインより営業譲渡を受け、新たに映像・ウェブ制作・SNSマーケティングを行うメディア事業部を発足いたしました。 当事業部では、AIを活用したデザイン・映像にも力を入れていくつもりです。 今後とも宜しくお願い致します。 株式会社ハンジャ・ネットワークス 代表取締役 新城 真宏

インターネットバンキングによる預金の不正送金事案が多発しています。

令和5年4月24日金融庁よりインターネットバンキングの不正送金被害が急増しているとして注意喚起が出ております。 メールやショートメッセージサービス(SMS)、メッセージツール等を用いたフィッシングと推察される手口により、インターネットバンキング利用者のID・パスワード等を盗み、預金を不正に送金する事案が多発しています。令和4年8月下旬から9月にかけて被害が急増して以来、一旦被害件数は減少傾向となり

bottom of page