top of page
検索
  • info814005

沖縄県産コーヒーの可能性

コーヒーの花(ジャスミンのような甘い香りがします)

コーヒーの花と実

written by KJ

皆さんは沖縄県産のコーヒーを飲んだことがありますか?

最近ではTOKIOがアンバサダーを務めるネスカフェの

「沖縄コーヒー プロジェクト」でメディアで紹介されるなど

年々注目度が高まってきました。

あの元サッカー日本代表の高原直泰さんもこの取り組みに参画していて

沖縄の高齢化に伴い増加してきた耕作放棄地を

大規模なコーヒー農園化し沖縄の産業化を推進していくという目標があるようです。


一方で現在小規模ながら県内でコーヒー農園を営んでいる方々には

依然として厳しい状況は続いているという

私の友人は夫婦でコーヒー農園をしていて

そこで採れた豆を自家焙煎し、コーヒースタンド(店舗)で直接提供している。

一見サイクルが成立しているようにみえるが、お店を出すまでに5年以上

豆の栽培から始まり、収穫、豆の脱穀、焙煎に至るまで

試行錯誤の日々が今も続いてるという

まず、農作物としてコーヒーが認知されていない点

耕作地を得るにも、設備を揃えるにしても

これは銀行から融資を受けるには、かなりハードルが高いそうです。

収穫まで5年という歳月を要するのも難しくしているのかもしれません

そして沖縄の台風など自然との闘い...

今、日本でコーヒー(豆・飲料)を作っているのは大手飲料メーカーであって

個人生産できる設備などほとんど取り扱いが無い

友人も中国製の脱穀機を自分でカスタマイズして

コーヒー豆の皮をむいているそうだ。

こうしてできた沖縄産コーヒーは1杯1500円以上するような価格になり

今のままではただの高級な趣向品にしかなりません。

一般的なカフェだったり、自家焙煎のコーヒー屋さんでもなかなか届かない金額ですね


冒頭のプロジェクトが気運に乗れば

沖縄コーヒーの生産量が増え、県内外の需要と消費が拡大していくと

もっとリーズナブルな価格で、静岡の緑茶まではいかないものの

ブランド化していける可能性も秘めていると思います。


友人夫婦が見せてくれた沖縄産コーヒーの可能性は

プロジェクトに飲み込まれるようなものでもなく

純粋に「地産地消」の「美味しいコーヒーを飲める店」として

地域に根ざし、コーヒー豆を通じて広がる輪を大事にしていく

そういう居心地の良い空間と味を

楽しみたいなと思っているのも本音です。


興味がある方はぜひ立ち寄ってみてください

「DELIGHT FARM COFFEE STAND」

沖縄県うるま市仲嶺732-1

※マイボトル・マイカップ持参必須です。SDG`sですね

※夏場、冬場で営業時間変わります。Google検索でヒットします。



閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

中部営業所移転のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、このたび、中部営業所を移転させて頂くことになりました。 これを機に社員一同、気持ちを新たに、より一層社業に専心する所存でございます。 今後とも倍旧のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。 【移転先住所】 新住所〒904-1111 うるま市石川東恩納947-5 池原店舗1階 ※電話番号に変更はございません 【業務開始日】 2023年12月8

お知らせ

株式会社ハンジャ・ネットワークスでは、 9月1日に有限会社サバニデザインより営業譲渡を受け、新たに映像・ウェブ制作・SNSマーケティングを行うメディア事業部を発足いたしました。 当事業部では、AIを活用したデザイン・映像にも力を入れていくつもりです。 今後とも宜しくお願い致します。 株式会社ハンジャ・ネットワークス 代表取締役 新城 真宏

インターネットバンキングによる預金の不正送金事案が多発しています。

令和5年4月24日金融庁よりインターネットバンキングの不正送金被害が急増しているとして注意喚起が出ております。 メールやショートメッセージサービス(SMS)、メッセージツール等を用いたフィッシングと推察される手口により、インターネットバンキング利用者のID・パスワード等を盗み、預金を不正に送金する事案が多発しています。令和4年8月下旬から9月にかけて被害が急増して以来、一旦被害件数は減少傾向となり

Comments


bottom of page